支配人の推薦と登用試験を受けて、わずか1年で社員へ

相鉄フレッサイン 新橋日比谷口
フロントリーダー

田村佳恵

INTERVIEW07

社員登用の試験は、基本的に勤務3ヵ月以上で
支配人の推薦があれば受けられ、面接と筆記で行われます

ONE DAY

ある一日のスケジュール

9:00

起床

10:00

朝食、弁当作り

11:00

洗濯、掃除

13:00

出社

22:00

退社

23:00

帰宅

~

テレビを見る、入浴、明日の準備など

25:00

就寝

――フレッサインに入社したきっかけとは?
「もともとは接客業に興味があり、千葉柏のオープニングスタッフのパートナー社員として働き始めました。1年ほど働いた時、登用試験があることを知り、「受けたいです!」と支配人に相談したところ、「頑張ってみなさい」と背中を押して頂けたんです。正社員登用の試験は、基本的に勤続3ヵ月以上で支配人の推薦があれば受けられ、面接と筆記で行われます」

――正社員になって、職場での変化はありましたか?
「パートナー社員の頃は、フロント業務全般やお客様のチェックイン・アウト業務などを中心として働いていましたが、正社員になってからは、店舗全体の運営やシフト管理など、パートナー社員が安心して業務に打ち込めるようにサポートする仕事に関わることになりました。サポート役として大切なのが、働く人みんなの意見を聞くこと。それぞれの立場や考え方により意見に違いが出たときは、みんなの意見を自分の中でまとめ、みんなに伝えることで、チームとしてのまとまりをつくれるよう心掛けています。ただ、ホテルは朝、昼、夜と3交代制なので、全員に直接伝えるには時間がかかります。それでも、出来るだけ、2つの時間帯をまたぐように入るようにし、より多くのパートナー社員の人達と接する機会を設けるようにしています」

いつか自分も店舗を任される支配人になれたらと思っています。

――フレッサインのキャリアアップについて教えてください
「フレッサインでは、年に数回正社員のレベル(階層)ごとの研修が行われています。そこでは、同じレベルの人が集まり、話し合う機会が生まれるため、励まし合ったり、悩みを相談しあったりすることができます。もちろん、研修のレベルは上がっていくため、キャリアアップを図ることができます。また、日々様々なお客様のニーズと向き合うことで、お客様に喜んで頂ける接客サービスについて、考え行動する力が身につけられると思います」

――女性のキャリアアップをサポートする体制は?
「フレッサインでは、正社員だけでなく、パートナー社員に対しても、出産休暇や育児休職、子供の看護休暇の制度が設けられていますし、実際に妊娠、出産されてからも仕事に復帰して活躍されているパートナー社員もいます」

――今後の目標について聞かせてください
「いつか自分も店舗を任される支配人になれたらと思っています。そのためにも、店舗全体のとりまとめができるよう、成長していけたらと。そして、店舗の中でも男女や年齢を問わず登用試験を受ける人が増えているので、そんな人材をサポートしていけたらと考えています」
(2015年8月現在)

WOULDN'T YOU LIKE TO JOIN US?
私たちと一緒に仕事をしてみませんか?

PAGE TOP