ゼネラルマネージャーへの道を心に描きながら

相鉄フレッサイン 日本橋人形町
チーフ

髙嶋武

INTERVIEW12

採用してもらえる自信などまったくなかったので、
入社が決まった時は素直にうれしかったですね

ONE DAY

ある一日のスケジュール

5:40

起床・朝食

6:40

出勤

8:40

出社

18:00

退社

20:00

帰宅

21:00

妻と話をする

22:00

家事、小説を読む

24:00

就寝

――フレッサインに転職された理由についてお聞かせください。
「前職は北海道のホテルで勤務し、ゼネラルマネージャーの職務に就いていたこともありましたが、私はもともと出身が神奈川県なのです。そこで、いつかは地元に戻りたいという希望をもっていました。ただ、その時すでに40代後半という年齢だったので、自分の希望通りの職場がみつかるのか不安がありました。それでも北海道から東京へと駆けつけ、フレッサインで2回の面談を経て、温かく迎え入れてもらうことができました。採用してもらえる自信などまったくなかったので、入社が決まった時は素直にうれしかったですね」

――数あるホテルからフレッサインを選んだのはどうしてですか?
「2つ理由があるのですが、1つは神奈川県出身でフレッサインの系列会社の鉄道である相鉄線を、幼少時から利用していてとても親しみを持っていたこと。もう1つは、勢いのあるホテルであるということです。2019年までにホテルを50店舗まで増やす計画があることを知り、自分も一緒にその波にのっていけたらと思い、入社を希望しました」

――入社して驚いたことは何ですか?
「入社前からとても親しみやすいホテルだと思っていたのですが、実際に入社してみると、想像以上でした。皆さんとてもフレンドリーに接してくれ、自分たちの方から話しかけてくれたり、ちょっと質問をしても丁寧に対応してくれたりと、その心遣いがありがたく、とてもすばらしいなと感じました」

スタッフの方々の生活を支え、会社を盛り立ていければと考えています

――以前、働いていたホテルと違うところはどこですか?
「前職のホテルと違い、こちらはホテルチェーンですので、マニュアル(FRE-NAVI)が細部までしっかりと作られていることに驚きました。これならお客様がチェーンのどこの店舗で宿泊されても、同じレベルの対応ができます。ただ、予約の受付などのパソコンを使う作業もあるため、覚えるのには一苦労。それでも周囲の皆さんに教えてもらい、数をこなすことでだんだん出来るようになりました」

――今後の展望について教えてください
「現在はフロントチーフとして、支配人とパートナー社員の方々をつなぐ役目を担っています。実は先日、社員意識調査があったのですが、その中に今後の目標を尋ねる設問があり、私はゼネラルマネージャーになると書きました。実は、フレッサインにはまだその役職はありません。それでも、どんどん拡大成長しているホテルなので、いずれはそういう役職が生まれるだろうと。そして、もう一度その職に就き、スタッフの方々の生活を支え、会社を盛り立ていければと考えています。そのために、今はコツコツと目の前のことに取り組んでいきたいと思います」
(2015年11月現在)

WOULDN'T YOU LIKE TO JOIN US?
私たちと一緒に仕事をしてみませんか?

PAGE TOP