女性が働きやすい職場で、結婚後も夢を追いかけたい

相鉄フレッサイン 東京東陽町駅前
フロントリーダー

高津戸夏樹

INTERVIEW11

ちょっとした心配りがお客様の満足につながり、
ホテル全体の印象を良くできると思っています

ONE DAY

ある一日のスケジュール

5:30

起床

9:00

出社

18:00

退社

19:30

帰宅

20:00

夫との夕食

21:00

翌日の準備など

22:30

就寝

――現在担当されている業務について教えてください
「2年前からフロントリーダーというポジションで、主に売上げをはじめ、料金や販売などの管理をしたり、新しい宿泊プランづくりを行ったりしています。もちろん、その間にフロント業務やパートナー社員の指導、シフト作りも担当するなど、仕事は多岐に渡ります。現在、数字に関して支配人からある程度任せてもらっているため、イベント用の備品の選定や急なご予約に対しての室料のご提案なども、自分の采配で行っています。責任ある仕事をさせていただき、日々やりがいを感じています」

――東京東陽町駅前店の雰囲気について
「皆さんとても明るく仲がよくて、働きやすい職場だと思います。どのスタッフも、自分のアイデアをどんどん伝えてくれるので、お店独自の企画やサービスの改善など、みんなでよく話し合っています。私自身も、この店舗は玄関からフロントが見えにくいため、手があいている時にはお客様を玄関まで迎えにいくことを提案しました。そういったちょっとした心配りがお客様の満足につながり、ホテル全体の印象を良くできると思っています」

いつかは支配人になって、より多くのスタッフを引っ張ってゆきたいですね

――女性の働きやすさという点ではいかがですか?
「実は、私自身、今年の春に当ホテル第一号となる社内結婚をしました。その時職場の皆さんからとても祝福していただき、感激しました。これまでも上司に何でも相談できる風通しのいい職場だと思っていたのですが、結婚しても皆さんが何も変わらず接してくださっています。とても働きやすい職場なのだと改めて実感しました。パートナー社員の中には子育てをしている既婚者も多いですし、産休ぎりぎりまでは働くこともできます。いつかは私も、正社員で初となる産休をとることになるかもしれません。そうなれば、ますます女性が働きやすい職場として認知してもらえるかなと思っています」

――今後、どんなことを目指していますか?
「社内の職位がフロントリーダーに上がった時、それだけ会社から認めてもらえているんだと、たいへんなモチベーションの向上につながりました。もちろん職位を上げてゆくのは簡単なことではありません。簡単ではないからこそ、毎日業務に真摯に向き合い、さらに自分を高めていけたらと考えています。そしていつかは支配人になってより多くの社員を引っ張ってゆきたいですね」
(2015年11月現在)

WOULDN'T YOU LIKE TO JOIN US?
私たちと一緒に仕事をしてみませんか?

PAGE TOP